読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お花畑

Ho!水金恥火木どう?ってな土曜はどうよ?

担降りします。

雑記 Hey! Say! JUMP 日記

 

2015/07/17

天気予報では日本列島に台風が接近する予定でした。朝は大雨が降りましたが、今わたしの家の窓から見える空は薄い青で、風こそ少し強いもののいいお天気です。しかし、それとは裏腹にわたしの心は吹き荒れ、とどめには大きな雷が落ちました。本日はそのお話を。

 





わたし担降りします。

嵐の相葉くんから、Hey! Say! JUMPの有岡くんに担降りします。

ついに、です。ついに。やっと決着(?)がつきましたので、ここにご報告させていただきます。なかなかの長文ですので覚悟して下さいお願いします。(笑)

 

あいばくんを好きになったのは小6の冬。ちょうどその時期、短い間でしたが母が入院をしていて、ひとりで観ていたMステスーパーライブ。truthを踊るあいばくんが背中を向けた瞬間、それはそれは大きな雷が落ちたのを今でも鮮明に覚えています。「背中堕ち」って聞いたことないよね。うん、わたしもないや。

今思うと、実はそのとき超心細くて、あいばくんの頼もしそうな背中に頼りたかったのかもしれないなーなんて思うこともあります。好きになったきっかけがいきなりヘビーだな、オイ。

そこからわたしのあいばくん担生活、ジャニオタ人生は始まりました。

好き!大好き!それだけでよかった。中学時代の日記を読み返してみると、今と変わらず、少ない語彙でただただあいばくんと嵐が大好きなことしか書いてなくて。あいばくんのドラマの話、嵐ファンのお友達とした嵐トークの内容、あいばくんの舞台に行った話、あいばくんが夢に出てきた話、嵐のコンサートに行った話、あいばくんが病気になった話、その当時からだいぶ拗らせて気味だったにのあいの話、全部年齢のせいにしたいようなイタいこともたくさん書いてありました…(笑)

あいばくんの言葉は神様のお告げ、あいばくんの雑誌の記事は人生の教科書、と信じて疑わなかった中学時代でした。

高校生になってバイトを始め、自分のお金が好きなように使えるようになると、あいばくんを1番としたDDの道を歩み出しました。そこからわたしの担当問題は正直、グレーゾーンでした。「別にハッキリしなくてもいっか。あいばくんがわたしにとって1番なことには変わりないし、他の好きな子たちにはそれぞれのいいところがあって、素敵なところがあって、好きなところがあって。そこを愛でていきたいな、陰ながら応援していきたいな」って。この時点であいばくんは若い子たちが言うところの(?)「神担」だったのかなーなんて思ったり。まぁ、都合のいい考え方なんですけど。

あいばくん以外の好きな子のひとりが有岡くんでした。可愛らしい笑顔が特徴的な有岡くんは、初めて「担当」ではないけど好き になった人で、うまい言い方が見つからないけど、「常に何か気になるアイツ」的な存在でした

有岡くんの出てるテレビはなるべく観るようにしてたし、有岡くんを目当てに何回かコンサートにもお邪魔したこともあります。

ひたすら「大好き」が募っても「降りたい」とは1ミリも思わなかった。


突然ですが、わたしは今受験生です。浪人してます。(こんなの書いてる間に勉強しろってツッコミはめっちゃ正論なんですけど、こういうことはやっぱり自分のためにも書いておきたいです。)

受験勉強をしていて、本気で気が滅入っていたときに現れた天使が「常に何か気になるアイツ」的存在の有岡くんでした。有岡くんの笑顔とその天真爛漫なキャラクターは荒んだ心を癒してくれました。今や心のオアシスで心の拠り所です。勢い余ってこんな記事書き上げてますからね、すごい熱。

Hey! Say! JUMPの有岡くんの好きなところを考えてみた - お花畑

熱がすごすぎてオアシスっつーより熱湯風呂だな、こりゃ。

以前もこちらに書きましたが、世間がそうなっているように、ただいまわたし自身にもHey! Say! JUMP大フィーバー、有岡くん大大大フィーバーが起こっていて、毎日アルバムを聴いて、毎日新しく決まるお仕事にワクワクしながら過ごしています。最近はじゃんぷファンの方々とお話させていただく機会も増えて、それはそれは楽しいじゃんぷファンライフを送っていました。

そんな中でのワクワク学校。同じステージに立つあいばくんと有岡くんがいました。グレーゾーンとは言えども担当はあいばくん。長年培われた能力で無意識のうちにあいばくんを追っているんだと思っていました。でも実際、あいばくんの浴衣姿と後ろ姿と足首しか覚えてない。視界には絶対に入っていたはずなのに、顔を見た覚えがないんですよ。そんなわけないじゃん………って自分に言ったところで、記憶にあるのは有岡くんのきゅるるーーーーーんって音がしそうなほど可愛い笑顔、ずっと有岡くん髪の毛多いよな〜って思ってたこととか、可愛らしい制服姿と元気よく返事をする声、荒々しく法被を着る姿や、二宮くんに絡まれてにこにこ会話する可愛い後輩な姿、席を立って何かをする度にいのおくんにひっつき虫となるけしからん姿……ってわたしガチか。有岡くんのことしか覚えてないよ…………(震)

要するに、有岡くんしか見てなかったんですよね。

こんなことがあったので、正直な話、「担降り」が頭を掠めましたが、なんせ今は受験生。今考えるべきことじゃないなって、受験が終わってもまだ頭にこのことが残ってたら考えてみようって、この件についてはなるべく深く考えないようにしていました。


今日ですね、まさに今日。若干の情緒不安定を持ち合わせながら、smartのDVDを観ていました。すでに何回も観てるはずなのに、もう何周もしているはずなのに、candleを歌う有岡くんを観て、全身が痺れて動けなくなりました。




この人が、この先歩んでいく道を見ていたい




ふと頭に浮かんだ一言が雷のように落ちて、突き刺さって、抜けなくて、気づいたらボロボロと泣いていました。世界中のどんなことも包み込んでくれそうな優しい顔で歌う有岡くんに余計泣けて、「あぁ、もう我慢できないや。そんな表情されたらもう戻れないや。」って泣きながら有岡くんに降参しました。


ちゃんとこの人と向き合いたいから、ハッキリしよう

この人はこれから何を掴んでいくんだろう


ついていきたい

ついていったその先にどんな未来が待っててもいい、ただ、ついていきたい



こんな言葉が脳内を無限ループした数時間。この気持ちを言葉に書き起こしながら流した涙はいったい誰を思ったものかわからないけど、今は台風一過のように穏やかな心です。


バリバリのHey! Say! JUMP世代だから、なんとなく「Hey! Say! JUMPの中だったら有岡くんが好き」って言い続けたのかもしれない。定かではないけど。そのなんとなく好きな有岡くんが、いつの間にか何かものすごい力で惹きつけてくる有岡くんになって、自分の中にずっといて、いろんな偶然が重なって、「大好き」を越えて「ついていきたい」に変わった。今から 有岡くん担 になるんだって、わたし。他人事みたいだけど。

「ついていきたい」なんて嵐以外で初めて思った。


一生担降りなんてしないと思ってたなぁ。

何があるか、本当にわかんないね。


わたしにとってのあいばくんは本当に神様のような存在で、今わたしがこの楽しいジャニオタの世界にいるのはあいばくんのおかげ。わたしのこの人格も思考回路も全部あいばくんが作ってくれた。今のわたしを作ってくれたのはまさにあいばくんなんだな。…って狂気じみた言い方しかできないけど、本当その通りなんです。

そんなあいばくんから巣立とうとしてるんだ。親元を離れるときの気持ちってこういう感じなのかな。あいばくんってもはや親なのか…?もしかしたら知らないうちにそんな存在だったのかもしれない。

本当に「ありがとう」なんだな、こういうときに出てくる言葉って。あいばくん、わたしにキラキラした日々をどうもありがとう。嵐さん、本当に本当にありがとう。担降りをしても、嵐さんはわたしにとって最高で最強のスーパーヒーローです。これからもしつこく応援させてください。


有岡くん、どっちつかずのわたしをバコーーーーーンと堕としてくれてありがとう。いまいち自分に踏ん切りがつかなくてだらだらとDD生活を送ってたけど、決定的に堕としてくれて本当にありがとう。日常的にポエム制作しちゃうような重たいファンだけど、有岡くんの視線の先に見据える未来をいつかわたしも見てみたいな。そして単純な理由だけど、ちょっと不思議なあなたをもっと知りたくて、もっと好きになりたい。

今日から、よろしくお願いします。


担降りって「俺にしとけよ」って言われてる気分になってするもんだと思ってたけど、どっちかっつーと、こっちから「あなたがいいの!あなたじゃなきゃいやなの!」って言ってる感じなんだなって。意味わかんないか(笑)


こんなに「有岡くん好き!!!大好き!!!」みたいな日常送ってても、いざ降りようってなったら、決死の覚悟決めないとできなかった。いや、正直今も「え、わたし有岡くんのこと担当にする器あるの?大丈夫?」って迷ってる。迷ってるけど、有岡くんの姿を観ると「この子なら、こんな情けないわたしも任せられそう……幸せな方向に連れて行ってくれそう………」って気持ちもあるからそっちに賭けたい。いや、そう思おう。

有岡くんについていって見る世界は、きっとどんな形でも「幸せ」って言えると思う。変な自信がある。(笑)


わたし一向に総武線沿線から離れられないよ〜(笑)


あ!ここでひとつお知らせを。

7月25日JUMPing CARnival ツアー初日をもってツイッターをお休みさせていただきます!突然のお話なんですが、先程も書いたように一応受験生なんで(笑)

ブログはゆるく更新すると思うので、随時ツイッターでお知らせしようと思いますが、もしアレでしたらお気軽にフォロー切っちゃって下さい!

一応、受験が終わり次第ツイッターには戻りたいな〜と思っています!ヒルナンデスの有岡くんがあまりの可愛さでぬるっと浮上したときにはあたたかく見守ってほしいです!よろしく!(笑)


そんな訳で、わたしの人生初めての担降りを記録した記事を終了させていただきます。お付き合いいただきありがとうございました。